大人の海外旅行・夜の情報サイト「ナイトツアーネット」マカオ人気!

カジノで遊べる各種ゲームについてのご案内:クラップス

 クラップスはサイコロを使ったゲームです。2個のダイスを振って、その出目を競うゲームです。賭け方のバリエーションも豊富で、多くの人に愛されています。

ゲームの遊び方

 クラップス専用のテーブルが置かれていることがほとんどです。サイコロの投げ手(シューター)はプレイヤーの一人が努めます。 2個のさいころを投げ、あらかじめ決まっている数字が出るまでを1つのフェーズとし、フェーズごとに投げ手を交代しながら同じようにサイコロを投げていきます。そして、その投げるサイコロの数値を予想したり、勝ち負けを予想してプレイヤーはベットするのです。

 フェーズについての説明ですが、ちょっと面倒に思えるかもしれません。でも、一度把握すれば大丈夫です。まず、最初のカムアウトロールと呼ばれるサイコロの目が重要です。ここで、7か11が出たら、直ちにシューターの勝ち(ナチュラル・ウィン)となります。また、2・3・12が出てしまったら即座に負け(クラップス)となります。

 カムアウトロールにおける勝敗につながる5つの数以外の数字が出たら、その目がポイントとなり、続けてシューターがサイコロを振ります。そして、ポイントと同じ数字を出せば勝利となります。また、この途中で7が出ると負け(セブンアウト)となります。7が出さえしなければ、ポイントが出るまでサイコロを振り続けるわけです。

ベットの内容について

ここで紹介しているのは比較的基本的なものだけです。他にもカジノによって独自のベット方法を持っている場合が多いので、ご注意ください。また、賭け方のタブーもあるので注意してください。そのタブーとは、サイコロを投げるシューターが勝つというのが基本スタイルなのに、シューター自身が自分が負ける(ドントパス)方に賭けるのはおかしなことなのでやめておきましょう。基本的に、ドントパスに賭ける人もいますが、気をつけましょう。

パスライン

単純にシューターが勝つことに賭けるのがパスラインです。配当は低いですが、確率は高いでしょう。配当は2倍です。

ドントパス

こちらは、シューターが負けることに賭ける。ただしカムアウトロールで12が出たときは引き分け。配当は倍。

カム

パスラインと似ているが、カムアウトロール後の任意のタイミングで参加可能。この場合のポイントは次に振り出されたロールで決定され、その賭け固有のものとなる。

ドントカム

カムの逆。ドントパス同様、12が出たら引き分けとなります。

エニークラップス

次のロールで2・3・12が出ることに賭ける。

エニーセブン

次のロールで7が出ることに賭ける。一般的なベットの中ではもっとも率の悪い賭け方である。配当は5倍。

ビッグシックス

7が出る前に6が出ることに賭ける。配当は2倍。

ビッグエイト

7が出る前に8が出ることに賭ける。配当は2倍。

ページの先頭へ戻る