大人の海外旅行・夜の情報サイト「ナイトツアーネット」マカオ人気!

カジノで遊べる各種ゲームについてのご案内 バカラ

 バカラはトランプゲームです。直接カードをいじって遊べるわけではなく、ディーラーがバンカーと仮想の客であるプレイヤーの両方を担当します。そして、客はどちらが勝つかを予想するわけです。大金を賭けて勝負する人も少なくありません。

ゲームの流れと勝敗

ディーラーがバンカーとプレイヤーの双方に2枚ずつカードを配ります。そして、特定の方法に従って点数を数えます。カードの点数の数え方ですが、A(エース)は1点、2~9までの札は札の数字がそのまま点数になります。J・Q・Kの絵札は0点としてカウントされます。合計点数が9に近いほうが勝利となります。最弱の手は0(絵札2枚の組み合わせ)というわけですね。

 例外として、2枚の合計が8・9の場合、「ナチュラル」となり、ゲームは即座に終了となります。そして、点数の多いほうが勝利となります。また、最初に配られた2枚の合計が、バンカー・プレイヤーともに6・7でも即座に終了となり、点数の多いほうが勝利します。点数が同じ場合はタイとなります。

 プレイヤー側に最初に配られたカードの合計が5以下の場合、自動的にもう1枚カードを引くことになりますが、ディーラーの場合は、特定のルールにのっとってもう1枚引くかどうかが決まります。プレイヤーの引いたカードの数によって3枚目を引くかどうかというのが決まっていることが多いでしょう。

ゲームでの賭け方

 さて、賭け方ですが、最初に説明したとおり、賭ける側が直接カードを触って遊ぶことはできません。ディーラー演じるバンカーとプレイヤーの勝負の結果を予想して賭けることになります。賭け方は3通りしかありません。1. プレイヤーサイド 2. バンカーサイド 3. タイ(バンカーサイドに賭けた場合のみ)の3種類です。

 プレイヤーサイドに賭けた場合、プレイヤーが勝利すれば、賭け金の100%が配当として支払われます。バンカーが勝利したら、当然ながら賭け金は没収されます。タイの場合は、賭け金のみ返却されます。

 バンカーサイドに賭けた場合は、賭け金からコミッション(カジノによって異なります)分引かれた額が配当として支払われます。プレイヤーが勝利した場合、全額没収となります。また、タイの場合は、賭け金が戻ります。

 タイに賭ける場合ですが、バンカーに賭けた上で、タイに賭けることが可能となります。ただし、タイにならなければ、タイに賭けた分は全額没収となります。倍率は、高めで設定してあり、カジノによって差があるようです。

このバカラを改良してテンポよく遊べるようにしたミニバカラというものもありますが、基本ルールは一緒です。

ページの先頭へ戻る